HOME>注目記事>岡山県で中古一戸建てを買う時のポイントを解説

岡山で家を買うタイミングはいつがベスト?

2015年5月に空き家対策である「空き家法」が施行されました。そのため、岡山県の中古一戸建てを買うのであれば今は良いタイミングと言えるでしょう。

中古一戸建てのメリット

  • 中古一戸建ては新築と比べて値段が安い傾向にあります。
  • 中古一戸建ては実際にその建物を見てから購入できます。
  • 中古一戸建てでしたら、購入前に住宅周辺の生活環境を調べることも可能です。
  • 中古一戸建てでしたら、新築と比べてリーズナブルな値段で広い家に住める可能性があります。
  • 中古一戸建ては、エアコンや照明設備が取り付けられた状態で購入できる場合があります。
  • 好みにもよりますが、中古一戸建ては年月を経た木材の色の変化などを楽しめます。
  • 中古一戸建ては引越し後の生活のイメージがしやすいというメリットがあります。
  • 中古一戸建てはリフォームやリノベーションがしやすいです。
  • 中古一戸建ては評価額が低い傾向にあるため、税額を抑えられるというメリットがあります。
  • 築年数30年程度の中古一戸建ては比較的、敷地が広いというメリットがあります。

中古だからこそのメリットとは

男女

岡山で中古一戸建てを購入するメリットは、首都圏などに比べて安価で購入できるという点が一つあります。戸建が欲しいけれど、なかなか手が届かない年収などの人は、少し都会から離れた岡山がよいのではないでしょうか。

新築と比べても安くてよい

一軒家

当たり前の話ですが、中古一戸建てならば、岡山ではなくとも少なくとも新築の戸建て住宅より、安く購入することが出来ます。中古の住宅の中には、ほぼ土地値だけの中古住宅も売りに出されることがあります。これは建物の減価償却年数が過ぎていて、建物の価値がない場合に土地値だけで売り出されることがあるのです。もし上物が気に入らないのであれば、リフォームやリノベーション工事をほどこして、自分の好みの間取りにするということもできます。

いざとなれば貸すこともできる

住宅模型

何も岡山で中古一戸建てを購入して、自分で住むという方法だけをとる必要はありません。もしも気に入らないのであれば、人に貸すということも可能です。もちろん賃貸にする場合には、立地の良いところのほうが客付けもよく、辺鄙なところではなかなか入居者が決まらないかもしれません。ですから、いざ貸すことも考慮して中古一戸建てを購入する場合には、他人が住みたくなるような立地の中古住宅を購入するように心がけるようにしましょう。

広告募集中